「THE MANZAI 2014」の称号を手にする、2014年日本で最も面白い漫才師は?12月14日(日)17:30~19:58フジテレビ系列にて生放送!

決勝大会

  • 決勝大会 概要
  • 本戦サーキット計2回のサーキットポイントの合計によって決定した11組が、12月14日(日)に生放送される「日清食品 THE MANZAI 2014 決勝大会」に進出。 サーキットランキング12位から20位に入った認定漫才師は、「ワイルドカード決定戦」に進出し、ワイルドカード決定戦を勝ち上がった1組も「日清食品 THE MANZAI 2014 決勝大会」に進出。
    計12組が、2014年最もおもしろい漫才師に贈られる称号「THE MANZAI 2014」を競い合う!

  • 決勝大会グループ分け
  • 決勝大会 グループ分けルール
    1.
    本戦サーキットで11位までに入った認定漫才師は決勝大会進出。
    グループA~Cに振り分けられる。
    2.
    グループの振り分け方は、サーキットランキング1~11位の順に自分の入りたいブロックを自ら選んで決定する。
    ワイルドカード決定戦
    本戦サーキットで12位~20位までに入った認定漫才師は決勝大会直前に行われるワイルドカード決定戦に進出。
    ワイルドカード決定戦では9組が1ネタ披露し、勝ち抜いた認定漫才師1組が12組目の決勝進出となる
  • 決勝大会 ルール説明
  • 1回戦はグループA~C、4組が1ネタずつネタを披露。それぞれのグループ内での勝者を決定。
    各グループを勝ち上がった3組の漫才師が決勝進出となる。
    決勝ではもう1ネタ披露し、最も多い得票数を獲得した漫才師が“THE MANZAI 2014”の称号を手に入れる
    決勝大会の審査方法はグループごと(決勝も含む)の漫才師に対する投票で行われる。
    投票はプロ審査員がグループの中で一番おもしろかったと思う漫才師に1票ずつ投票(計9票)と一般視聴者審査員の携帯投票での採点(ワラテン)の1位に1票。あわせて10票でおこなわれる。

    ワラテンとは

    視聴者はネタ中に携帯電話やスマートフォンからアクセスした“笑いボタン”設置ページからを持ちながら見る

    ネタ中に自分がおもしろいと思ったら“笑いボタン”を押す

    “笑いボタン”を押した回数を100点満点に換算し、一般視聴者の平均を出したものが「ワラテン」とする

    ワラテンは笑いの感覚を重視した採点方法である

    得票が同数であった場合、ワラテンの順位が上位の漫才師が勝者。それでも決まらない場合、サーキットランキング上位の漫才師が勝者。
  • 審査への参加方法
  • 一般視聴者審査員として、携帯電話やスマートフォンから“笑いボタン”を設置した特設サイトで審査にご参加いただけます。
    審査員の一人としても“THE MANZAI 2014”をお楽しみください。
  • 日清食品株式会社
  • 日清食品株式会社
    • THE MANZAI 2014の
      本戦サーキットを配信中!
    • 本戦サーキット
    • 本戦サーキット
  • TV番組情報
  • TV番組情報
  • 優勝ランキング
  • 優勝ランキング
  • 決勝大会進出者&ワイルドカード進出者
  • 認定漫才師50組
  • 予選2回戦出場者
  • 予選1回戦出場者