村田 沙耶香『コンビニ人間』 感想1

観察力。

小説を読んですぐに頭の中に浮かんだのは、この言葉だった。

主人公の恵子は、ひとことで言うと、アスペルガーの類の人間なのだろう。

妹はなんだか勝手に話を作り上げて感動していた。わたしが「治った」と言わんばかりのその様子に、こんな簡単なことでいいならさっさと指示を出してくれれば遠回りせずに済んだのに、と思った。

妹に、バイトをクビになった男と同棲していると伝えたときの反応。「さっさと指示を出してくれれば」のところに、それが表れていると思う。

彼女は、作中、ほぼ一切怒りを見せることなく、目の前の相手を、自分の周りを、観察し続ける。